FC2ブログ

ヒダノ修一 スーパー太鼓セッション for ザンビア vol.2

アフリカ南部ザンビア共和国の子供たちに学校の新校舎を建てたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の課題

◆校舎の不足

現在グレード4までの子どもがセンターで学んでいます。今年9月には子ども達の進学にあわせ、グレード5を開設する必要がありますが、校舎が手狭で新たな教室確保が困難な状況にあります。カリタス女子中学高等学校から頂いた支援の一部を使用させて頂き、屋根を取り付けた教室一室が完成するまでは、タックショップを閉鎖して、そこを教室に使っていたような状況です。2003年に購入した土地が隣にあるものの資金不足で更地のまま放置されております。


◆コミュニティー活動用の部屋の不足

学校への需要が多く、コミュニティーセンターの建物のほとんどが教室として使用されるようになり、本来の住民のための活動に必要な部屋がなくなってしまいました。新たな土地を獲得するべく、地域の議会へ折衝中で、最低価格での購入を交渉していますが、未だ返答を得られていません。


◆新たな資金源確保の模索

上記のことから、現在は食品加工販売とタックショップ以外に資金獲得活動(インカム・ジェネレーション)が行えていません。貧困層の子ども達への教育を継続するためにも、新たな資金獲得源が必要です。


◆教師の不足

今年9月からグレード5が始まると、教師の不足が懸念されます。グレード5以上を教えられる教師の給料は月約1万5千円で、この新たな教師獲得のためにもさらなる資金源の確保が急務となります。


◆孤児、貧困家庭の子供のための資金の確保

現在、約20人の子供に放課後の食事を提供しています。この費用が月約1万円かかり、そのためにセンターの諸活動に影響が出ています。教師の給料が滞りがちになり、資金源のひとつである食品加工販売を行うための材料購入費確保も難しくなっています。



以上のような状況から、ヒダノ様にぜひとも新規教室3棟建設へのお力添えを頂きたく、ここにお願い申し上げます。

教室建設にかかる材料費や労働費、机や椅子、黒板等の備品購入費合わせて約80万円。さらに、新校舎で新学年がスタートし、子どもの数が増えますと、新たな教師の雇用が必要になりますが、貧困層の子ども達への教育も継続していかなくてはなりません。そのために新たな資金源の確保が必要となって参ります。

つきましては、校舎建設費に新学年を開始するための資金を合わせまして、合計約90~100万円をご支援頂けませんでしょうか。なお、余剰金については、センターの資金獲得活動のための使用を希望しております。どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hidachari.blog58.fc2.com/tb.php/18-9df0beb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。