FC2ブログ

ヒダノ修一 スーパー太鼓セッション for ザンビア vol.2

アフリカ南部ザンビア共和国の子供たちに学校の新校舎を建てたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティ・スクールとは

コミュニティ・スクールとは、貧困家庭の子供などの公立学校に通えない子供たちのために、支援団体によって運営されている学校です。


◆ザンビアの小学校事情

ザンビアの小学校には、グレード(学年)が1~9まであります。だいたい7歳ごろから学校へ行き始めますが、公立の学校では教育費が無料とは名ばかりで、教科書代、制服代、備品維持代とさまざまな名目で親の負担が強いられます。年間で約70万クワチャ(約2万5千円)かかり、この金額は公立学校の先生の給料2ヶ月分に相当します。

多大な費用がかかることから、首都ルサカ市内にあるコンパウンド(未計画居住区)には、子供を公立学校へ通わせられない家庭も多いのが現状です。


◆公立学校に通えない子供たちのために

ンゴンベ・コミュニティスクールでは、運営に支障をきたさないだけの料金しか徴収せず、公立学校へ通えない子供に教育の機会を与えています。さらに、孤児院から通う子供からはより少ない学費のみ徴収。家庭はあるものの、親が病気で収入がない場合は無料で子供を受け入れています。

このような孤児院、貧困家庭の子ども達は満足な食事を与えられていないため、放課後には食事を取らせるなどの配慮も行っています。また、地元のロータリークラブから制服の布地の寄付を得たため、子供のための制服を製作。一般家庭へは有料で、貧困家庭へは無料で制服を配布しています。

13_コミュニティセンター_コミュニティ・スクール
▲コミュニティ・スクール

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hidachari.blog58.fc2.com/tb.php/16-f048a8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。